2021年 12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
今日
2022年 01月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      
※定休日:日
※土曜日:発送業務のみ

 

白ロムとは?

簡単で説明すると、SIMカードの抜かれたスマホのことです。

そもそも「白ロム」の「ロム」とは、端末の内部で情報を保存しておくメモリ(ROM)のことで、このメモリに持ち主の契約情報などが保存されていない「真っ白な状態」であることを指して「白ロム」と呼ばれます。

そのため、電話番号などが記録されたSIMカードを挿入することで、誰でもその端末を使うことができます。

赤ロムとは?

赤ロムとは「何らかの理由で」販売キャリアからネットワーク利用制限をかけられた端末のことです。

すなわち、SIMカードを挿入しても通信することができません。
 
ネットワーク利用制限

≪利用制限の状態(例)≫
「○」・・・ネットワーク利用制限の対象外です。
「△」・・・利用できますが、代金債務の不履行等により利用制限となる可能性があります。
「×」・・・利用制限中です。
※キャリアごとに条件や制限の詳細が異なります。詳しくは各キャリアの利用制限確認サイトをご確認ください。



※お店の店頭やサイトで「IMEI」と呼ばれる端末の製造番号を確認し、その番号を各携帯電話会社の確認ページで入力することで、その端末にネットワーク利用制限がかかっているかいないかを確認することができます。

IMEIを入力して結果を確認すると、以下のような結果が表示されます。

◯:ネットワーク利用制限がかかっていない

△:現在は制限がかかっていないが、今後かかる可能性がある

✕:ネットワーク利用制限がかかっている

―:そのIMEIが存在しない(※対象キャリアの商品ではない)

基本的には「◯」と表示されたものだけを購入するようにすれば、赤ロムのスマホであるリスクを最小限に抑えることができます。

 

最新のスマホは基本的にnano simの仕様となります。(※一番小さいsimカードです。)
 




白ロムのメリット:

 
★新製品であっても価格が安い
当然のことながら、同じ製品でも新品よりはるかに安く購入できます。機能はまったく同じなので、欲しい機種をとても安く入手できるというわけです。安く手に入れられるからこそ、特徴の異なるスマホをもう1台購入して用途によって使い分ける「2台持ち」もしやすくなります。
 
★すでに新品販売されていない機種も手に入る
独特の機能やデザインなど、他機種にはない魅力を持つスマホが、販売終了になって買えなくなってしまうことはよくあります。そのような機種でも、中古か新品未使用でなら入手できる可能性があります。

ページトップへ